ブラウザごとのアクセスキーの利用方法

2018年12月04日 更新 | タグ: アクセシビリティ

アクセスキー(accesskey)属性というのは、リンク、アンカー、フォーム内のinput要素などにその属性として、任意の文字を指定すると、Alt キー(Macintosh であれば control キー)とその任意の文字との組み合わせを押すことによって、リンク先への移動や、フォーム入力欄への移動を、マウスを用いることなくできるようにする属性です。

ブラウザごとにアクセスキーへの対応が異なる点や、割り振る文字についてスタンダードなガイドラインがなく、普通のウェブサイトでは、なかなか使いどころがないのですが、ウェブシステムのようなものであれば、便利なこともあるかもしれません。

一般用途のウェブサイトやウェブアプリの多くでは、 accesskey を使用しないよう一般的にアドバイスされています。

accesskey - HTML: HyperText Markup Language | MDN

ちなみにガラケー時代には、数字に割り当てる(8で、ページ先頭にいくなど)ことでそれなりに便利に使えていた時代もありました。

Windows のブラウザの場合

Internet Explorer 3 使用できません。
Internet Explorer 4 Altとアクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動。
Internet Explorer 5〜11 Altとアクセスキーを押すことによってフォーカスが移動。あらためてEnterSpaceを押せばリンク先への移動やsubmitなどができます。
Microsoft Edge Altとアクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先に移動します。
Netscape Navigator 4.7 使用できません。
Netscape 6以降 Altとアクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動。
Homepage Reader 3.01 使用できません。
Opera Shiftを押しながらESCを押下すると、アクセスキーの一覧が表示されるので、ここでアクセスキーを選ぶことでリンクであればリンク先へ移動。

Macintosh のブラウザの場合

Internet Explorer 5まで 使用できません。
Internet Explorer 5以降 controlとアクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動します。
Netscape Navigator 4.7 使用できません。

Macintosh OS X のブラウザの場合

Safari 1.2 controlとアクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動します。
Safari controloptionと、アクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動します。
Firefox controloptionと、アクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動します。
Google Chrome controloptionと、アクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動します。
Opera Shiftを押しながらESCを押下すると、アクセスキーの一覧が表示されるので、ここでアクセスキーを選ぶことでリンクであればリンク先へ移動。
Vivaldi controloptionと、アクセスキーを押すことによってリンクであればリンク先へ移動します。

(accesskey = A)

アクセスキー動作確認用

このエントリーをはてなブックマークに追加

障害当事者がアクセシビリティチェックをしています この製品は障害者が制作に関わっています

ページの終端です。ページの先頭へ